TOP

イワテバイクライフ 2017年4月後半


2017年4月25日(火)
「天気は下り坂」という論調は浸透していて、雲の多い空は当然で、ためらいがちな薄日や俄雨も素直に受け入れられた。最高気温20度4分(盛岡)。



  夢の中で
  見覚えのある顔は言った。

  「認めてもらうために闘うなんて、
  面倒なことは忘れて、
  友達になっちまいなよ。
  仲間になっちまいなよ。
  それだけで、
  やることなすこと万々歳だぜぃ。
  何から何まで拍手喝采だぜぃ。
  しくじっても激励の嵐だぜぃ。
  輪の中に飛び込むだけなんだぜぃ。
  どうだい、イージーだろぉ。」

  (まあね、あんたは、ね)
@北東北

2017年4月24日(月)
まずは完璧。はてしない空の蒼さ。陽光の輝き。吹き渡る風の微熱。少し歩くだけで汗を誘う陽気。幾度もない春の一日。最高気温18度4分(盛岡)。



  今日という日は
  どこまでも
  途上だ。

  立ち止まれば、
  そこは、
  道端だ。

  旅の始まりも終わりも、
  道端だ。
@北東北

2017年4月23日(日)
盛岡では午前中パラパラと来た。が、西から押し寄せてくる晴天域を迎えようと走れば、文句なしの春爛漫。最高気温13度3分(盛岡)。



  加筆を必要としない記憶のために、
  道の遥か先を見据え、
  ひと筆の風となる。
@北東北

2017年4月22日(土)
午前中は、希望満載の晴天だったが、昼過ぎから荒々しい雲が流れ込み、陽もかげり気味。桜ほどに気分は盛り上がらず、ひんやり。最高気温12度(盛岡)。



  忍耐を重ねることに
  苦痛が無くなったら、
  要注意だ。

  復讐の筋書きが
  残酷になるばかりだ。

  ごく浅いところで
  爆発してくれた方が、
  よほど穏便だろうに。
@岩手山麓

2017年4月21日(金)
午前中は街から飛び出したくなる春だった。が、午後には、みるみる陽射しがかげり、暗くなり、パラパラと水滴。最高気温16度4分(盛岡)。



  それらしく
  ふるまい続けるしかない不幸。

  ものを見せ、
  話をしてみせ
  何かしてみせ、
  背負ってみせ
  そのような者であろうとし続ける悲劇。

  まんまと逃げ切った影は、
  春の大地に素っ裸だ。
@岩手山麓

2017年4月20日(木)
雨上がりの朝だった。透明な青空は、広がる前に雲に絡み付かれ、冷え冷えとした暮れへ辿り着いた。最高気温13度3分(盛岡)。



  漠然とした日々を
  克明に記録し続ける。
  すると、
  歳月は、      
  鮮明な時代の色彩となって
  にじみ出す
@岩手山麓

2017年4月19日(水)
誰も期待なんかしていなかった。雨が降れば「やっぱりね」、雷を聞けば「そうなんだ」、みたいな風の強い一日だった。最高気温16度(盛岡)。



  今日に至った理由のあれこれなど
  すっかり腑に落とし、
  春の欠伸は、
  とめどない。

  とはいえ、
  この世は、
  反省する者を可愛がり、
  遠慮する者に場を許し、
  ひれ伏す者を引立てる。

  ならば、
  過去とやらの鎖で身を縛り、
  恭順の役者となって
  しばし俯いてみる。
@岩手山麓

2017年4月18日(火)
なるほど朝から「天気は下り坂」の気配。まれに薄日を感じたが、淡い期待など微塵も許さぬ構え。夕刻パラパラ、少し濡れた。最高気温19度4分(盛岡)。



  潮目とやらは
  毎日移ろう。
  気ままに現れ、
  不意に遠ざかり、
  忘れた頃に戻って来て、
  「遊ぼうよと」手を引いて来る。

  そうかそうかと
  慌てたふりして、
  縁切りの算段が始まる。
@八幡平

2017年4月17日(月)
春らしい青空は、せいぜい昼頃までで、走るほどに空はかすみ、くすみ、曖昧で、水滴の気配さえ漂い始めた。まあ、セーフだったけれど。最高気温12度(盛岡)。



  季節の変わり目
  時代の節目には
  人も弦も張り直すものだが、
  ついに奏でることのない器は、
  その限りではないようだ。
@北東北

2017年4月16日(日)
曇り空に暗い影は無く、やがて晴れ間も現れ、街は陽射しを浴び、山もぼんやり見渡せた。それでもなお夜空の雲の幕。最高気温19度9分(盛岡)。



  いったい、
  いつまで、
  浮世離れな
  自分を並べてみせるつもりだい?
@岩手県北部

このページの先頭に戻る