TOP

イワテバイクライフ 2012年5月後半


2012年5月31日(木)
盛岡は最高気温25度で夏日。でも、数字じゃないんだ。涼やかな風にとけた太陽の熱。その心地よさは、北国のこの時季だけの感触だ。



  ある日、突然、空は開ける。
  すると、俄然、道は直線だ。
  だから、僕ら、歓喜の加速。

  失われた歳月を取り戻すように、
  彼方の眺めを引き寄せる。
  至福の季節を纏って走る。

  嗚呼、あの波瀾の日々は、
  この瞬間に至る伏線だったなんて、
  あまりに手の込んだ物語じゃないか。
MOTO GUZZI 850GT @青森県との境

2012年5月30日(水)
午前中は、雲と晴れ間が譲り合っていたが、午後には急速に空は開け、劇的な雲の乱舞が見られた。涼やかな夕暮だった。



  居間の電話が鳴った。
  真夜中だった。
  身構えて受話器を取ると、
  もの静かな女の声だった。

  「御存知でしたか?
  悪魔は放逐されるのです。
  多くの人が力を出したのです。
  でも、油断してはなりません。
  次の闇に目を凝らすのです」

  私は、心の安全装置を外すと、
  窓を細く開け、
  夜風を銃口におさめた。

  そんな夢を見た。
YAMAHA YB1(2スト) @盛岡市近郊

2012年5月29日(火)
曇り空を告げる朝の天気予報も、どこか信用し切れない雨の気配だったが、昼過ぎから順調に回復。清々しい夕暮。最高気温19度6分(盛岡)。



  この地の仕組を語る前に
  この天空の動きを眺めたことはあるか?

  この地の文化を語る前に
  この一面の香りを呼吸したことはあるか?

  この地の未来を思う前に
  この瞬間を強く抱きしめたことはあるか?

  (すべては眼前にある)
HONDA Ape100 @岩手山麓

2012年5月28日(月)
さすがに極上の晴天が続いた後は、雲に覆われる。午後には小雨となり、夕刻には雷鳴まじりの夕立。



  幾度知らされても
  知ろうとしない者は、
  思い知らされることになる。

  繰り返し見せられても、
  見ようとしない者は、
  目に物見せられることになる。

  先送りの果てに待つものは、
  とんでもなく恐ろしい。
BMW HP2 @岩手山麓 撮影日2008年5月29日

2012年5月27日(日)
岩手の内陸は、ほぼ夏日。白濁の青空。強い陽射し。その割には爽やかな大気だった。



  理想が、どんどん崩れる。
  目標から、ずるずる遠ざかる。
  それでも挑み続ける。

  いいんだよ、それで。
  其処が一番確かな土台なんだから。
  スタートラインなんだから。

  自分の現状を
  克明に受止めようじゃないか。
2012東北トライアル選手権シリーズ第3戦・岩手大会(一関市・室根山) ライダー:米田選手(国際B級優勝)

2012年5月26日(土)
快晴。最高気温22度4分(盛岡)とは思えないほど陽射しは強かった。まあ、そこが北国の初夏なのだが。東北六魂祭開幕。



  「た、大変だぁ」
  と男が転がり込んで来た。
  見知らぬ顔だった。
  よほど走ったらしく息が荒い。
  コップの水を飲み干すと、
  途切れ途切れに話し出した。
  「あんなことは、
  見たことも聞いたこともない。
  とにもかくにも凄いことだ。
  とてつもないことだ。
  言葉になんかできないことだ」
  私は、絵筆を差し出した。
  「では、見たことを絵にしてくれ」
  男は、少し戸惑って、受け取った。
  力を込めて描き始めた絵は、
  見事なまでにリアルな太陽系だった。

  そんな夢を見た。
MOTO GUZZI 850GT @盛岡市

2012年5月25日(金)
回復への妥協も無い曇天だった。当然のように昼前から水滴などばら撒き、夕刻には小雨になった。どこか優しい五月雨(さみだれ)ではあったけれど。



  「季節にとけたくて飛び出す」
  それも素敵だが、
  「誰かに会いたくて駆け出す」
  それも嬉しいな。
HONDA ベンリィ50S @岩手山麓

2012年5月24日(木)
岩手全体気温上昇。所により夏日に迫った。けれど、吹く風は温厚で、時に涼しく、走るほどに気分はほぐれた。



  明暗は繰り返す。
  光と影は連なり、
  追う程に高速で流れだし、
  眩暈(めまい)を誘う。

  並走する季節は、
  いつもの通り移ろうだけなのに、
  眼前に迫る禍福に見入るうちに
  人は老い、
  歳月に置き去りにされていく。
MOTO GUZZI 850GT @岩手県北部

2012年5月23日(水)
盛岡あたりは、曇天ながら、かすかに明るく、吹く風も爽やかだった。県北(けんぽく)は霧雨に濡れていた。



  魂がふるえるほどの喜び。
  そこへ至る道程の入り口には、
  過酷な現実が横たわっているものだ。

  (でもね)

  闇があればこそ光はまぶしいのだ。
  困苦で始まる船出に幸あれ。
YAMAHA YB1(2スト) @岩手山麓

2012年5月22日(火)
予報を信じ、てっきり曇るのかと思ったら、初夏の青空が持続した。日陰に通る風は絶品で、それなりの好日。夕暮れから曇り始めた。



  里には、表と裏がある。

  表で決まったことは、
  何故か破棄されていく。

  表で染められた色は、
  ひと晩で塗り直される。

  表が用意した筋書は、
  突如ひっくり返えされる。

  その不思議は、
  里に同化した者だけが理解する。
YAMAHA YB1(2スト) @岩手山麓

2012年5月21日(月)
金環日食でお騒がせの太陽は、盛岡あたりには夏日をもたらしたが、三陸沿岸の風は、どこかひんやり。



  見届けていたいものは、無尽蔵。
  この地の季節の眺めだ。

  見届けるべきものは、ただ一つ。
  この地の明日の幸福だ。

  遂に見届けられないものもある。
  今日の風に匂う未来だ。
ヘリテイジ ソフテイル クラシック @岩手県沿岸北部

2012年5月20日(日)
涼やかで透明な朝だった。ところが、もはや夏の圏内ということなのだろう。日中は疲労感をもたらす陽射しになった。最高気温26度9分(盛岡)



  5月、この道を通る度、
  もう幾度思ったことだろう。

  こんな楽園の日々は、
  もう終わりなのかと。

  こんな至福の薫風も
  もう吹き止むのかと。

  そして、今日、
  道を引き返し、
  あの日あの時の私の思いを
  拾い集める。

  こうして、この地に生きている私が、
  過去の絶望を慰めて回る。

  振り向けば、山の上に
  エンジンの音が轟く。
  「さあ、今日一日ここに生きろ」と。
HRC RTL260F(トライアル競技車両) @矢巾町

2012年5月19日(土)
晴れて明けたが、寒気の余波か昼前後は不穏な雲に心が騒いだ。夕刻は、すっかり爽やかな初夏だった。



  人は誰でも都をめざし
  聳える塔の頂をめざし
  眩いばかりの光を求め
  馬車馬のように働くと
  思い込む者がいる限り
  この辺境という楽園は
  薫風の中でほくそ笑む。
  利を追う者達に蔑まれ
  誉を貪る群に見放され
  原野に遺棄された獣は
  清々しく駆け出すのだ。
MOTO GUZZI 850GT @岩手山麓

2012年5月18日(金)
テレビの予報では、傘マークが並んでいた。ところが、曇り空はほのかに明るく稀に陽も射した。水滴を感じることはあったが降雨には至らなかった。



  内容が無いとか
  薄っぺらだとか言われて、
  がっかりすることはない。

  なまじ存在感を漂わせ、
  異端視されるより安穏じゃないか。

  へたに核心に触れて
  付け狙われるより安全じゃないか。

  誰もが受け流せる軽さこそ、
  こんな時代には
  ふさわしいのかもしれない。


  (不幸なことだけれど)
YAMAHA YB1(2スト) @盛岡市

2012年5月17日(木)
爽やかな朝だった。南風は乾いて優しく吹き渡った。ところが午後には天気急変。青空は消え小雨に濡れた。



  痛みも無く
  喜びも無く
  物語も無く
  決められた距離を走り切ったところで、
  残るのは、無為の印象だ。
スポーツスター883R @北上高地

2012年5月16日(水)
未明までの小雨に濡れた街に光は戻り、強い風は雲を押し流し、青空を広げた。最高気温18度6分(盛岡)



  流れ去る雲の形に惑わされるな。
  その影と闘ったりするな。
  いずれ雲ひとつない空の下で、
  ひとり微笑めばいいのだ。
  なにせ、お前は、
  大地に打ち込まれた杭だから、
  此処で風を浴び、雨に濡れ、
  雪に埋もれ、凍り、とけて、
  土に還るのだから、
  束の間の光景に心乱してはならない。
MOTO GUZZI 850GT @葛巻町 撮影日2012年5月7日

このページの先頭に戻る